PayPayの安全なチャージ方法|クレジットカードなしのやり方を解説

PayPay(ペイペイ)には、様々なチャージが方法が用意されており、基本的にどのチャージ方法も危険というわけではありません。

ですが、クレジットカードでチャージするのが不安な方や本人確認でマイナンバーカードや運転免許証などをスキャンするのが心配な方もいらっしゃると思います。

そこで本記事では、クレジットカードなしで本人確認の必要のない安全なチャージ方法を紹介します。

目次

PayPayの安全なチャージ方法

現金チャージ

PayPayはセブンイレブンやローソン店内に設置されているATMから現金でチャージすることができます。

他のチャージ方法もオートチャージ設定を無効にしたり、利用可能額の設定を行うことで想定外の使いすぎを防ぐことはできますが、現金チャージであればより安心です。

具体的な手順は、まずATM画面の「スマートフォンでの取引」もしくは「スマホ取引」をタップしてください。

続いてPayPayを開いて「チャージ」へ進み「ATMチャージ」を選択しましょう。

そしてATMの画面に表示されているQRコードを読み取って、PayPayに表示された番号をATMに入力してください。

あとはPayPayにチャージしたい金額を入力して進むと、セブンイレブンやローソン店内のATMから現金チャージできます。

残高を送ってもらう

未成年のユーザーがPayPayにチャージする際に、おすすめなのが保護者に残高を送ってもらう方法です。

保護者のPayPayでは、PayPay銀行やPayPayクレジットからチャージしてお子さんに送金するだけですので、コンビニに出向いて操作する手間もかかりません。

具体的なやり方は、まずホーム画面の「チャージ」をタップして「友だちから残高を送ってもらう」へ進んでください。

次にPayPay IDや電話番号で保護者のアカウントを検索して請求金額を入力し「次へ」進みます。

あとは「◯円を請求する」をタップすると、保護者のPayPayに請求の案内が届きます。

編集後記

PayPayの安全なチャージ方法の紹介は以上です。

以下の記事では、チャージでポイントがつかない理由やチャージ金額で10000円がおすすめされている理由を紹介しています。

あわせて読みたい
PayPayのチャージでポイントつかないのはなぜ? キャッシュレス決済アプリのPayPay(ペイペイ)には、1ポイント1円で使えるPayPayポイントというポイントがあります。 本記事では、PayPayポイントが目的でチャージした...
あわせて読みたい
PayPayのチャージで10000円がおすすめなのはなぜ?ポイントはつく? PayPay(ペイペイ)で残高をチャージする際に、チャージ金額の選択画面を表示すると10000円の右側におすすめと表示されています。 PayPayのチャージで10000円がおすすめ...
  • URLをコピーしました!
目次